文字サイズ: 

商店街組合の歴史

用賀商店会の誕生

history01

関東大震災後、人口の移動が郊外に広がり始め、玉電用賀駅の玉川電車の沿線付近に民家が増加し、各商店も活況を呈してきました。昭和8年となり用賀の時計商、小倉卯之助を会長として、商工会が設けられましたが、統制経済移行の中では本格的な活動はできませんでした。

その後、耕地整理が行われた土地は良好な住宅地として人口を受入れ、用賀の商店街も住宅地対応の商店街として成長していきました。そして、戦後の混乱の中で、昭和22年、48店で用賀商店会が発足し、初代商店会長に鈴木直次が就任しました。

オリンピック東京大会

上用賀2丁目の馬事公苑は、昭和15年に行われる予定だったオリンピック馬術競技場として5万坪の土地が売却され造られましたが、戦争によって中止となり、それ以後は馬の訓練場として使用されてきましたが、昭和39年に、第18回オリンピック東京大会が開催されることになり、これに先立って国道246号線が整備されました。

昭和39年となり、東京オリンピック大会をむかえ、馬事公苑で馬術競技が行われ世界の注目を集めました。このとき用賀商店会では、全街路灯に、オリンピック旗を掲げて売り出し等を行い歓迎しました。このとき昭和39年の用賀商店会の会員数は163店でした。

玉川電車の廃止と新玉川線の開通

history02

国道246号線の交通改善のため、昭和44年5月、住民に見送られながら、玉川電車は花電車を運転。二子玉川~渋谷間が砧線とともに廃止となり、以後交通機関はバス利用となってしまいました。これまでの用賀の街は大山通りと用賀中町通りが人の流れの主流となっていましたが、玉電の廃止により、人の流れは分散し、大きく変わっていきました。

昭和52年4月、長い年月を要した新玉川線の工事もついに完成しました。この間、駅出入り口の設置場所について、議論が交わされましたが最終的に現在の地に完成しました。用賀商店街では、これを祝して、新玉川線開通記念大売出し、及びイベントを盛大に行いました。

平成5年10月世田谷ビジネススクエアーが竣工しました。このビルは広大な敷地に地下2階地上29階建てのタワービルのほかに7つのビルをバランスよく配置し用賀駅と直結し、外には散歩路や庭園などを配して若者たちで賑わっています。これにより駅周辺並びに美術館通りが賑わいを増してきました。そして、昭和63年4月用賀商店会は用賀商店街振興組合となり商店街の活性化に向かって業務を開始しました。

pagetop